沿革・社史


沿革

  • 1963年〜
  • 1989年〜
  • 2000年〜
昭和38年8月
現会長内田健彦が石油化学製品の販売を目的として個人にて創業
昭和41年3月
ニッポー株式会社として資本金500万円にて法人設立
昭和42年7月
真空成型工場として日本パッケーヂ株式会社を設立
昭和44年3月
育児用品としてシャンプーハットを開発
昭和46年5月
プラスチック製によるスピーカーAFコーンを開発
昭和47年4月
福岡営業所を開設
昭和48年3月
単発成型機を導入し厚肉及び技術成型分野の充実を計る
昭和48年7月
資本金を1,000万円に増資
昭和48年10月
薄肉自動成型(真空、圧空)工場として大東工場新設
昭和49年4月
タイル先付工法によるタイル保持板の成型法開発
昭和49年7月
資本金を2,000万円に増資
昭和52年7月
医薬品一般販売業の許可を受ける
昭和53年5月
関連会社として西部産業株式会社を設立する
昭和53年8月
保険代理業としてハッピー商事株式会社を設立する
昭和55年3月
大東工場を分離独立しニッポー化成株式会社として発足
昭和55年8月
ラベル印刷工場新設
昭和56年3月
資本金を3,000万円に増資
昭和58年6月
円筒成型工場として氷野工場新設
昭和59年4月
キャリアテープ成型工場新設
昭和60年9月
東京営業所開設
昭和60年12月
ブロー成型工場新設
昭和62年 3月
射出成型工場新設
平成元年4月
茨木工場へ高速深絞り成型機導入
平成元年7月
射出成型工場にクリーンルーム設置
平成2年4月
天理工場を開設
平成2年12月
大東市に本社工場新築竣工
平成4年4月
本社工場にEOG滅菌装置を導入
平成4年10月
ニッポー化成株式会社を吸収合併
平成4年12月
資本金を5,000万円に増資
平成5年10月
日本パッケーヂ株式会社を吸収合併
平成5年11月
資本金を5,500万円に増資
平成6年6月
シンガポールにNIP ASIA PTE.,LTDを設立
平成6年11月
東京支店新築竣工
平成8年1月
紙絞函導入
平成8年1月
シーティング機導入
平成8年2月
ISO 9001認証取得(テーピング事業部)
平成9年12月
最新鋭A-PETシーティング機導入
平成10年5月
医療用具製造業の許可を受ける
平成10年7月
九州工場新築竣工
平成10年7月
化粧品製造業の許可を受ける
平成10年11月
資本金を9,500万円に増資
平成11年2月
資本金を2億6,000万円に増資
平成11年2月
医薬部外品製造業の許可を受ける
平成11年3月
液体パウチ充填機を導入
平成12年2月
ISO 14001認証取得(九州工場)
平成12年3月
医療用具EOG滅菌区分許可を受ける
平成13年3月
紙製函機導入
平成13年6月
ISO 9001認証取得(I・B事業部)
平成13年7月
GMP工場新設
平成14年1月
上海日宝精密塑料有限公司を設立
平成15年5月
ISO 9001認証取得(NIP ASIA PTE.,LTD)
平成16年7月
最新鋭3種5層のシーティング機導入
平成16年8月
ISO 9001認証取得(上海日宝精密塑料有限公司)
平成17年4月
ISO 14001認証取得(NIP ASIA PTE.,LTD)
平成17年10月
ISO 14001認証取得(本社・本社工場・南郷工場・PFP工場・氷野工場)
平成18年8月
ISO 14001認証取得(上海日宝精密塑料有限公司)
平成18年9月
NP商事㈱を設立
平成19年3月
NIP ASIA PTE.,LTD.を移転
平成19年6月
本社物流センターを開設
平成22年4月
アメリカにNIPPO Creation USA,INC.を設立
平成23年6月
関東工場を新築竣工
平成23年11月
資本金を3億3,000万円に増資
平成23年12月
東京支店を移設
平成24年6月
柏原工場を開設
  • 1963年〜
  • 1989年〜
  • 2000年〜

社史

写真

2006年、40周年を記念して、社史「40年の歩み」を作成しました。
創業から創意工夫を重ねてまいりましたNIPPOの歩みをご覧いただけます。

社史(PDF:13.9MB)を見る